Q & A

「ポータブルAC電源」の特徴は?

「バッテリー式発電機」として「エンジン式発電機」の代わりに、騒音や排ガスも無く、安全で家庭や職場の「コンセント」と同様、手軽に使用できますが「高出力」での「長時間運転」は出来ず、自動車と同じように「バッテリーメーター」と「パワーメーター」を監視しながら運転すれば「残作動時間」を推測することが出来ます。

「他社製品」との比較では?

「出力性能」に対する「大きさ」「重量」「価格」において、圧倒的な優位性を自負しており、小型化については「リチュームイオンバッテリー」の採用が貢献しています。

価格については「防災機器」として被災された方々に、可能な限り「安価」に提供させていただくことを理念としています。

「作動時間」はどの程度?

「定格出力」が1500W 0・5時間のため、消費電力が1500Wであれば30分、消費電力500W機器で1.5時間、消費電力150W機器であれば5時間程度の連続運転が出来ます。

一般的な間欠運転であれば「作動時間」は更に長くなり「ソーラーパネル」で充電しながら作動させることも可能です。

「充電時間」はどの程度?

「空バッテリー」を満充電にするためには「AC充電」で約10時間、「ソーラー充電」の場合は、日差しの強い「晴天日」を基本に、ソーラーパネル1枚で3日、2枚で2日、3枚接続すれば1日で、ほぼ「満充電」になり「AC」との併用充電も可能です。

「バッテリー」の寿命は?

バッテリーは「消耗品」であり「満充放電」の繰り返し、300回後で85%、600回後には70%程度に蓄電能力が減少しますが、一般的な使い方であれば5年間以上は充分に使用することが出来ます。(バッテリー交換費用は6万円程度)

「生産国」は?

弊社で「設計、開発」(回路特許出願中)、台湾企業の中国工場へ生産を委託していますので「中国製」となっていますが「技術、品質」については大手企業同様、弊社が工場を直接的に指導していますので、ご安心下さい。