頻発する「豪雨災害」

昨年、伊豆大島での「豪雨災害」の記憶が冷めやらぬ間に、広島での「豪雨災害」は、本当に心が痛みます。広島以外の地域でも規模は小さいとは言え、同様の災害が発生しており、同種の「自然災害」は地球規模で頻発しています。

これらの自然災害発生の原因は「地球温暖化」にあると言われており、産業革命以来、人類が「化石燃料」を際限なく燃やし続けた結果であることに間違いはなく、人類に対する今後の「最大課題」に違いありません。

将来の「地球環境」を守るためには「原発」に頼らず、増大する「石油」「天然ガス」の消費量を少しでも削減するために「自然エネルギー」活用へのシフトを推進する必要があり、市民レベルとしても手軽な「小規模太陽光発電」を普及させるべき時代では、ないでしょうか?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です