「巨大地震」の脅威

「阪神大震災」の傷が癒されぬ内に「東北大震災」が発生、気象庁も全国各地で「巨大地震」がいつ発生しても不思議ではなく「首都直下型地震」については、今後30年間で70%の発生率を予告しています。

「巨大地震」が発生すれば、必ず「停電」が伴い「非常用電源」の備えを必要としますが「エンジン式発電機」よりも「バッテリー式発電機」の方が、手軽で安全であり「ソーラー充電」すれば環境にも優しく、エネルギー消費の節約になります。

「福島原発事故」後、自然エネルギーへのシフトが叫ばれていますが、地熱、風力、海流等の利用は個人的には困難であり、小規模の「ソーラー発電」であれば誰でも簡単に取り組むことが出来ます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です