「小規模ソーラー発電」の推進!

福島原発事故後「ソーラー発電」が国や自治体として推進され、大規模「メガ・ソーラー発電」や家庭用「キロ・ソーラー発電」が徐々に普及し始めた昨今「原発事故」を忘れたかのような「原発回帰」の傾向にあることは正しい選択と言えるのでしょうか?

実は、昔から電卓や腕時計用の「ミニ・ソーラー発電」は普及しているのですが、何故か家電製品や電動工具を手軽に作動させる「小規模ソーラー発電」は殆んど見かけず、この分野では「エンジン式発電機」の独壇場となっています。

しかし「エンジン式発電機」は純然たる「火力発電」であり、日本における「エネルギーと環境」の現状を考えれば「ソーラー発電」を更に推進させる必要があり、国家に下駄を

預けるのではなく市民レベルで「小規模ソーラー発電」を普及させる必要があると思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です